【プチ節約】揚げ物をした後の油は再利用しよう!

揚げ物レシピのコツ

こんにちは、唐揚げ大好きなブロガーユキです!
今回は揚げ物をする上で、大変だと思われている『油の処理』のお話。
これが原因で、揚げ物レシピに手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか?
そんな方に朗報です!!!
家庭でも簡単に出来る、上手な油の再利用法や、油の処理方法をまとめました。
この機会に、苦手な揚げ物レシピを克服しましょう!
そして、、、美味しい唐揚げ、揚げ物レシピをどんどん作っちゃいましょう!
では下記よりどうぞ!

使用済みの油は、サッと簡単お掃除


揚げ物を調理し終わった後、フライパン、鍋を見てみると、衣やパン粉の屑が油に浮いてきます。
この揚クズを、耐熱のアク取りでサッとすくってお掃除しましょう。
アク取りは小さい物なら100均にも売っています!
使用する都度サッとお掃除する事で、我が家では3〜5回は油を替えず、同じ油で揚げ物をしています!
上手にお掃除してあげれば、4〜5日は油を変えずに、同じ油で揚げ物ができます。

油が茶色がかってきたら、新しい油と交換

同じ油での調理を続けると、油全体が茶色がかってきます。
これは、揚げ物から剥がれた衣やパン粉が焦げてしまって、変色するものです。
このまま使用を続けると、揚げ物レシピの失敗、焦げつきの原因や、焦げ臭さが出てしまいますので、速やかに油を交換しましょう!
2重にしたゴミ袋にキッチンペーパーやティッシュ(勿論使用済みでも可)等、油を吸収しやすい物を入れて処分します。
使用済み牛乳パックを使うのもオススメです!

茶色くなった揚げ油をそのまま使ってしまうと?

動物の肉や脂肪に含まれるトランス脂肪酸。
これが、古い揚げ物油を使用する時にも生まれ、揚げ物に付着してしまう事が多いようです。
悪玉コレステロールの増加により、心臓疾患などのリスクが高まるトランス脂肪酸の作用として、悪玉コレステロールといわれている、LDLコレステロールを増加させるので要注意です!
こまめにお掃除しても、変色してきたら速やかに油を交換しましょう。

揚げ物専用のフライパン・鍋を準備しておくと便利!

油の保存ですが、専用のポットなど、市販品を使用するのは良いですが、我が家では手間を考え、専用の小さいフライパンを準備しています。
それに蓋をしてしまえば、油の酸化も防ぐ事が出来ますし、使用する際も火にかけるだけなのでラクチンです!

プチ節約!油の再利用!まとめ

いかがだったでしょうか?
揚げ物レシピは、どうしても大量の油を使って、手軽に簡単!経済的!なイメージとは程遠いですが、上手に油を使えばこんなにコスパの良いレシピはないのでは?と私は考えます。
一番気を使う油の取り扱いと保存、ここのポイントを守ってあげれば、あなたのレパートリーに、きっと揚げ物がランクインするはず!
一度お試し下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました