【保存版】サラダ油?キャノーラ油?揚げ物をする時の油の選び方

揚げ物レシピのコツ

こんにちは、揚げ物大好きブロガーのユキです!
今回は、揚げ物に欠かせない「油」に関するお話です。

自宅で普段からよく揚げ物を作っている私。
特に我が家の食卓には鳥の唐揚げが登場します!だって簡単で美味しいんですもん。。
そんな私ですが、料理仲間や知人から「揚げ物をする時、油の選び方はどのようにしたら良い?」と、良く聞かれる事があります。

確かに「揚げ油」と一口に言っても、スーパーに行けばあれやこれやとズラーリ。。
確かに悩みますよね。。
そこで今回の記事では、私がこれまでの経験の中から、揚げ物をする時にオススメの油を何種類かご紹介していきます!

唐揚げなどの揚げ物レシピはもちろん、それ以外の料理でも、使用する食材と油の関係はとても深く、味の決め手になる事も多々あります!
様々な料理に合わせた最適な油で調理しましょう。
これでもう、揚げ物油を選ぶ時には困りません!
詳細は下記よりどうぞ!

日清 キャノーラ油

日清キャノーラ油
日清キャノーラ油
超定番中の定番、日清オイリオ サラダ油です。
レシピを選ばず、一番汎用性が高い油だと思います。
天ぷらやフライ、トンカツ等、どんな揚げ物料理にも合います!

因に、私が鳥の唐揚げを作る時は、いつも使用しているサラダ油です。
衣がサクッ!と揚がり、色も綺麗(やや白見がかった仕上がり)に仕上がるのが特長です!
油自体もサラっとしているので、あくまで私自身の感想ですがちょっと食べ過ぎても胃もたれしにくいかなと思います!
【保存版】もう絶対に失敗しない!実はこんなに簡単な揚げ物レシピ
こんにちは!揚げ物大好きブロガーのユキです!中でも鳥の唐揚げ、チキン南蛮が大好きです!今回は、大人も子供も大好きな『揚...

日清オイリオ サラダ油

日清サラダ油

こちらは天ぷらを作る時に良く使用しています。
同じく衣がサクッと、綺麗な色(やや黄土色がかった仕上がり)に仕上がります。
先ほどご紹介した「日清 キャノーラ油」との違いはさほど無く、日清 キャノーラ油は、オレイン酸が多く含まれていて脂肪がつきにくく、メタボ予防になります。
そしてサラダ油なのですが、リノール酸とオレイン酸が同量含まれ、キャノーラ油、サラダ油どちらも悪玉コレステロールを下げる効果があります。
(※個人差があります)

オリーブオイル

オリーブオイル

私は、サラダ油が足りない時の代用品といった扱いでたまにオリーブオイルで揚げ物をしますが、ヘルシー志向の方は必見です!

揚げ物をする場合、どうしても油は食材に浸透してしまいがちです。
ところがオリーブオイルの場合は、油が素材の表面に止まり、食材にあまり浸透しません。
しかも、素材に素早く熱を通す性質があるため、油っぽくならない点もポイント!
「揚げ物=油っぽい」という先入観を覆す、さっぱりした仕上がりが期待できます。
これなら、揚げ物でも余分な脂質の摂取を避けることができますよね。

オリーブオイルで揚げ物をする場合の最適温度は、サラダ油を使用する時と同様の180度。
オリーブオイル独特の風味を損なわないためにも、数回使ったら新しい物と差し替えるようにしましょう。

ラード

ラード

中華料理のイメージがある、ラードも揚げ物、唐揚げにはおすすめです!
私はラード以外にも、たまに牛脂も使ったりもします。

でもちょっとラードって高カロリーなイメージがあったり、そもそも日々の料理で馴染みがない。。
という方も多いのではないでしょうか?
しかし、一般的なサラダ油や植物性の油に比べ、動物性の脂は構造的に安定してるため酸素と結合しにくいんです。
つまり、空気に触れても酸化しにくく、加熱調理にも強い!
だから家庭で揚げ物や炒めもの、特にチャーハンを作るなら、ラードや牛脂等、動物性の油をオススメします。
私は市販されているラードで何度か試してみました。
確かに動物性とあって、風味、コクが強いです。
今日の唐揚げはちょっと濃厚に!という時に使ってみてはいかがでしょうか?

揚げ物に欠かせない「油」に関するお話のまとめ

はい、如何だったでしょうか?
こうやって改めて見てみると、油一つとっても本当に種類が多いですよね。
たかが油ですが、それぞれの個性や特徴、レシピに合う合わないものもあります。
それぞれのレシピに合った油を正しくチョイスして、美味しく楽しい揚げ物ライフを満喫して下さいね!
【病みつき注意】中華鍋で二度揚げがポイント!超簡単!ピリ辛唐揚げレシピ!
激辛好きなあなたもきっと病みつきになる!超簡単ピリ辛唐揚げのレシピをご紹介!二度揚げに便利なあのキッチン用品の紹介も!

コメント

タイトルとURLをコピーしました