【常備菜】簡単長持ち!なすとピーマンの揚げ浸し風

レシピ

こんにちは、ブロガーのユキです!
今回は、私が最近よく作っている常備菜レシピの中でも、簡単でオススメなレシピをご紹介!
とろけるような食感で、ナスのおいしさを存分に味わえるレシピです!
毎日のご飯のおかずにはもちろん、お酒のおつまみにも最適です!
保存も効くので作り置き、常備菜にも最適!
詳細は下記よりどうぞ!

なすとピーマンの揚げ浸し風(3人分)材料

・ナス:3本
・ピーマン:3個
・生姜:半分
・鷹の爪:少々
・いりごま:少々

ナスを乱切り、ピーマンを細切りに


ナスは3〜4cm程度に乱切りにします。
加熱すると、意外とサイズが小さくなりますので、1口サイズより少し大きいかな?程度で切っていきます。
ピーマンは、食感を残すため、少し大きめの細切りにします。

サラダ油とゴマ油で生姜を炒める


細切りにした生姜1かけを、サラダ油とごま油(各大さじ1)で香りが立つまで、弱火で炒めていきます。

ナスを炒める


生姜の香りが立ってきたら、中火にしてナスを炒めていきます。
油をナス全体に満遍なくコーティングしていくように、ヘラなどでゆっくり混ぜながら炒めます。
ある程度油が回ったら、蓋をして暫く待って混ぜる、を繰り返すと短時間でナスがしんなりしてきます。

ピーマンを炒める


ナスがしんなりしてきたらピーマンを炒めていきます。
ピーマンはシャキシャキ食感を残したいので、炒める時間は1〜2分程度が目安です。

キッチンペーパーで余分な油を除去


ここで1度キッチンペーパーのを敷いた皿の上に取り出します。
少々面倒ですが、、、余分な油を取り除けますし、何より仕上がりがあっさりして美味しく頂けます!
ナスは特に油を吸収しやすい野菜なので、面倒ですがこのステップは踏みましょう!

タレに漬け込んで出来上がり!


キッチンペーパーで余分な油と粗熱がとれたら、タレに漬け込んでいきます。
市販のめんつゆ(大さじ3)に、いりゴマ(適量)、鷹の爪(適量)を入れ、混ぜ込んでいきます。
これを冷蔵庫で半日〜1日おけば完成!
ご飯のおかずには勿論、お酒のおつまみにも最適です。
茄子自体は生1本(100g)で22kcalと低カロリーなので、ダイエットにもおすすめの食材!
さらに、ナスの持つ独特なあの「紫色」に健康効果が隠されていることから、ナスを食べる際は、できる限り皮も一緒にいただきましょう!

なすとピーマンの揚げ浸し風まとめ


いかがでしたか?
一度に沢山作って冷蔵庫で保存すれば、夕食の「もう一品」に大活躍!
甘辛い日本人向けの調味料なので、お子さんも喜んで食べてくれるはず!
簡単なので是非試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました