【予想以上の使用感】ドイツ製Turkフライパンを5年間使って、今改めて思うこと

おすすめ調理器具

こんにちは!料理大好き、調理器具も大好き!な、ブロガーのユキです!
突然ですが、皆さんは調理器具にいくら位かけられますか?
私は、、、3,000円程が精一杯です。。
だって、最近では100均でも鍋やフライパンが買える時代。。
そんな私ですが、5年ほど前、これまでに無い高価な調理器具を購入しました!
それは、「Turkの鉄フライパン」です!
これがとても重宝していまして、料理の幅も広がりました!
みなさんにもぜひオススメしたいので、これまで実際に使用して感じた使い心地などを、まとめてみました。
下記よりどうぞ!

そもそもTurkフライパンって?


ドイツ発のフライパンメーカー、Turk(ターク)。

熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創業。鉱山のあるルール地方、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、代々技術を 受け継ぐ職人によりクラシックなフライパンを作り続けています。

Turk日本公式サイトより引用

鉄フライパンはジーンズと同じだ!

ネットでも簡単に購入できますが、私は自宅近所にある、生活雑貨を多く取り扱う雑貨屋さんで購入しました。
前々から気になっていたのですが、鉄のフライパンには、正直あまり良いイメージはありませんでした。

■鉄製だから重い
■調理中に食材がくっつきそう
■メンテナンスが面倒くさそう

で、店員さんに詳しくお話を聞いてみたところ、
「重いのは確かですが、食材がフライパンにくっついたりはしないし(調理方法にもよります)、メンテナンスも簡単です!」
との事。
疑い深い私はまだ購入する気に至りませんでしたが、ここで決め台詞が!
「使い込めばお客様だけのフライパンになっていきます」
「使用する人によって、普段のレシピも違うので、油のしみ込み具合も事なる」
「言わば、Turkのフライパンはジーンズみたいなものです」
私「ジーンズ、、、、買います!!!」
という流れで購入に至りました笑
フライパンを「育てる」「自分だけの味のあるフライパン」
といった、これまでフライパンに抱いていた「いや、フライパンなんてただの調理器具でしょ」的なイメージを覆され、その日は何を焼こうかと考えながらウキウキ気分で帰宅しました。

Turkフライパン、購入後まずは焼きならし

まず自宅に持ち帰ってした事は、店員さんからも言われていた「焼きならし」。
これは、鉄フライパンでまず最初にしなくてはならない、車で言えばならし運転みたいなものでしょうか?
焼きならしに使用するのは、キャベツの切れ端、人参の頭など、普段の料理の中で捨ててしまう野菜のクズ。
これを2〜3cm程度に荒く切って、フライパンで焼いていきます。
野菜炒めを作る感覚でしょうか?5分程度焼いたら火を止めて、野菜クズを捨てます。
これで準備OK!早速本番の料理を始めましょう!

Turkフライパンで作るチキンソテー

記念すべき最初のレシピは何にしようと考えた結果、シンプルなものが良いと考えてチキンソテーを作ってみる事にしました。
私は肉の中でも鶏肉が大好き!でもこれまで、当サイトで紹介している唐揚げばかり作っていたので、「焼き」に挑戦してみよう!と考えました。

早速スーパーへ行き、適当な鳥もも肉を購入。
塩胡椒を少々。。

10分程弱火で焼いていきます。

見てください!この焼き色!
鉄製フライパンならではのこんがり具合!

あっという間に出来上がりです!
ありきたりな食レポになってしまいますが、、、表はカリッと、中はふっくらジューシー!
簡単でとても美味しく出来ました。

鉄製フライパンならではの使い方も!

季節が良い時期、私は良くBBQへ行きますがそこでもTurkフライパンは大活躍!
鉄製なのでこんなタフな使い方も出来ます!

メンテナンスは大変?

鉄製フライパンは、普通のフライパンと違って、「メンテナンスが大変で面倒」というイメージを持たれがちですが、、、そんなことはありません!
いつものお皿洗いと同じく、普通に洗って、乾かすだけでOK!
ただし、洗剤の使用は控えましょう。
鉄フライパンに洗剤をつけて洗うと、油ならしをして付けた皮膜が落ちてしまいます。
皮膜がなくなるということは、フライパンのコーティングがなくなることと同じなので、調理中に焦付きやすくなってしまうということです。
焦げ付かないように料理をするためにも、洗剤Turkのフライパンを洗うことはやめておいた方が良いでしょう。

Turkフライパンまとめ

いかがだったでしょうか?
Turkの鉄製フライパン。お値段は決して安いものではありませんが、鉄製なので、メンテナンスをきちんとしていれば半永久的に使用できます。
「一生ものの買い物」と思えば、あなたの良いパートナーとなってくれる事間違いなし!
また、鉄製なので、不足しがちな鉄分を料理毎に、効率的に吸収できるのも嬉しいポイント!
同じ鉄製の南部鉄器の鉄鍋もオススメです!


ここ数年で、間違いなく「私のイチオシ調理器具」です!
あなたも、この機会にお試ししてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました