新鮮レモンが決め手!自宅で作る簡単レモンサワーレシピ

レシピ

ハイボールの次はコレ!ビールじゃない新定番、レモンサワー

こんにちは。
夏といえば、いや、1年中レモンサワーにハマっいるユキです!
以前まではハイボールにハマっていましたが、ここ最近はレモンサワーもよく作っています。
料理苦手なあなたでも大丈夫!
お酒とソーダを混ぜるだけ!作り方はとっても簡単なので是非参考に作ってみて下さいね!
下記よりどうぞ!

超簡単レモンサワーレシピ

レモンサワーの味を大きく左右する焼酎選び

焼酎-Liquors
まず、レモンサワーの味を大きく決める焼酎選びから。
多く知られている焼酎の種類といえば、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎、などではないでしょうか?
私もレシピを知らなかった頃、「香りもクセも少ない米焼酎」で作ってみた所、、、大失敗でした、、、笑
原因は「焼酎のそもそもの香りにレモンの香りがかき消されてしまった」事です。
これは、芋焼酎、麦焼酎、どちらでも同じことが言えます。
では、レモンサワーに必要な焼酎とは、何焼酎なのでしょう?

レモンサワーを作る時は「焼酎甲類」を使う


焼酎には甲類、乙類の2種があるのは、お酒が好きな方であれば聞いた事があるのではないでしょうか?
甲類、乙類の一番の大きな違いは蒸留方法の違い。
焼酎甲類は、かつて「新式焼酎」と呼ばれ、伝統的な焼酎に対して「新しい」焼酎という意味です。
連続式蒸留機で蒸留を行い、純度の高いアルコール分が取り出せるため、クセのないピュアな味わいが特徴です。
対する乙類焼酎。
皆さんご存知、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎などは乙類焼酎に分類され、単式蒸留という日本古来の伝統的な方法で蒸留したもの。
「本格焼酎」とも呼ばれ、素材本来の味、風味を損なうことがないように製法されたお酒です。
今回は、レモンサワーの真骨頂である、レモンの新鮮な香り、酸味を残す為、「甲類焼酎」を使って作ります!

材料は「焼酎甲類」「強炭酸水」「新鮮なレモン」だけ!


使うのはたったこれだけ!ね?簡単でしょ?
焼酎は、レモンサワーと言えば宝焼酎!という事で、今回は、宝焼酎「タカラモダン」を使用。

強炭酸水は最近気に入っている「VOX 強炭酸水 プレーン」を使用。
amazonで1本65円前後で安く買えますよ!

レモンはスーパーで買って来た、なるべく新鮮な物を使用します。

冷凍庫でキンキンに冷やしておいたグラスに氷を入れ、軽くステアする


私の自宅では、常に冷凍庫にグラスをいくつか入れて、凍らせています。
食器収納に入れるよりも便利ですし、常にキンキンで効率的かな?と思います。
決してズボラな訳ではありません。。。
レモンサワーは勿論、ビール等を飲む時、グラスが凍っていると美味しく頂けるのでオススメです!

グラスの脇からゆっくりと炭酸水を入れる


写真では上手に出来ていませんが、、笑
皆さんは上手に入れて下さいね。氷に直接注いでしまうと、せっかくの強炭酸が抜けてしまうので要注意です!
グラスの脇を狙って、落ち着いてゆっくり優しく注いで下さい。

ゆっくりとステアしてレモンを絞る


ここでポイントがレモンを絞る時。
やってしまいがちなのは、「レモンの果肉を下に向けて絞る」こと。
これが逆!「レモンの皮を下に向けて」絞りましょう!
レモンの皮を下に向けて絞ることで、レモンの皮に含まれる「香り」が一緒にグラスに入ります。
最後にグラスの口に皮を擦り付けると、グラスに口をつけた瞬間に、口いっぱいに新鮮なレモン風味を感じることが出来ます!

生レモンを焼酎に漬け込むのもオススメ!

ここ最近、居酒屋さんで見かけたので真似してみました笑

新鮮なレモンを半月切りにして、甲類焼酎に漬け込みます。

3日もすれば、レモンの香りと果汁が自然と馴染んで、マイルドなレモンサワーが作れます!
簡単なんで、ぜひお試しください!

簡単レモンサワーレシピまとめ

いかがだったでしょうか?
私もこれまでは、市販のレモンサワー(缶酎ハイ)を飲んでいました。
しかし、市販のレモンサワーでは、「甘味」「酸味」「炭酸の強弱」「アルコール度数」のコントロールは出来ません。
変に甘かったり、アルコールが強すぎたり。。。
自分で作れば、もちろん自分好みのレモンサワーが楽しめます。
お好みでシロップを加えれば、女性も嬉しい、ちょっと甘いレモンサワーも出来ますよ!
超簡単レモンサワー、あなたもお試しになってみては如何でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました