博多っ子直伝!九州の郷土料理「がめ煮」を南部鉄器の鉄鍋で作ろう!

レシピ

こんにちは!
和食大好き、ブロガーのユキです!
今回は、私がよく作るレシピの中でも、野菜たっぷりで最も健康的!
野菜不足してるなーと感じる時に作る「がめ煮」です。
地域によっては「筑前煮」とも言われますよね?
日本人ならではの味付けで、ご飯にも、またお酒のおつまみにもなるのでとっても重宝するレシピです。
また、調理も簡単、いつもの「ほったらかし」でOKなので、料理苦手な方でも大丈夫!
詳細は下記よりどうぞ!

博多っ子直伝!がめ煮の材料

材料3〜4人分
・鳥もも肉:250g
・こんにゃく:小1枚
・人参:1本
・ごぼう:1本
・たけのこ水煮:半分
・レンコン:1個
・しいたけ:3個
・油揚げ:4〜5枚

材料をザクザクと切っていく

材料の準備が出来たら、ザクザク切っていきましょう!
各材料の目安は1口サイズ、お好みで大きめ小さめでも問題ありません。
ここでポイント!こんにゃくは手でちぎりましょう!
こんにゃくは、包丁で切ってしまうと断面から味が染み込みにくくなります。

女性でも、指先で軽く引っ張れば簡単にちぎれますので、包丁は使わず切りましょう。

鍋に全部の材料を入れる


南部鉄器の鉄鍋(もちろん普通の鍋でも大丈夫!)に、材料を入れていきましょう!
順番は「固いもの順」で入れると、仕上がりも早く効率的です!
今回は下から
人参>ごぼう>れんこん>たけのこ>こんにゃく>鳥もも肉>しいたけ>油揚げ
の順で入れました。

調味料を入れ、後はほったらかし!

砂糖:大さじ2
みりん:大さじ1
醤油:大さじ3
酒:大さじ2
ほんだし:大さじ1
サラダ油:大さじ1

全ての調味料を入れて、煮込んでいきましょう!
サラダ油は最後に、全体に回しかけて入れます。
サラダ油を入れることで、グッとコクが出て美味しく仕上がります!

弱火でコトコト30分


30分ほど煮込んだら、蓋を開けて一混ぜしましょう。
固い食材(人参など)を味見して、柔らかくなっていたら完成です!

あっという間に完成

残ったがめ煮で「がめ煮カレー」も絶品!


1人暮らしをされている方にオススメなのは、後日の「がめ煮カレー」!
がめ煮の食材から出た様々な旨味とカレーの相性は言うまでもなく抜群!
奥深い味のカレーが仕上がります。
このカレーが食べたいがために、がめ煮を作ることもあります!笑

博多っ子直伝!がめ煮レシピのまとめ

いかがだったでしょうか?
がめ煮はもちろん、「煮物」は、意外とハードルが高い!と思っている方も多いのではないでしょうか?
ですが、こちらのレシピならそんな方でも大丈夫!
とっても簡単で、ほったらかしでOK!
効率的に野菜不足を解消できますし、保存も効き、何よりカレーが美味い、、笑
いろんな意味で「使い勝手の良いレシピ」なので、皆さんも是非試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました